お知らせ|かわら版|会員専用お知らせ|動き
クロスフィット京都 > > 🏋️‍♀️ クロスフィットの10の身体能力とは

🏋️‍♀️ クロスフィットの10の身体能力とは

10周年記念のお祝いにパーティができないので、クロスフィット10の身体能力の1つにフォーカスした特別なワークアウトを月に1回行おうと思います。
 

What is Fitness ?


フィットネスとは? クロスフィット創立者であるグレッグ·グラスマンは、10の身体能力はクロスフィットの フィットネス第1規格であると述べています。

🎉「これらの10の能力それぞれが優れているほど、体力があると言えます。 鍛えることにより、これらの10の能力それぞれの幅が広がり、体力的にも向上します。」🎉


Let’s look at the 10 skills


それぞれの用語の意味を知っていれば、改善すべきことやどのように改善すべきかが分かります。それでは10の身体能力を見ていきましょう。

最初の4つの身体能力は、筋肉、骨、肺など、私たちの身体に密接に関わっているため、よく「ハードウェア」スキルと呼ばれます。


1. 持久力: または正確には「心肺機能」と言い、酸素を処理·運搬する能力です。



WODで息が上がり、スローダウンしなくてはならない時は、持久力が足りないと言えます。多くの人がランニングやローイング、代表的な「カーディオ」エクササイズで実感しています。 (カーディオは「カーディオヴァスキュラー」の略称です)

2. スタミナ: エネルギーを処理、運搬、蓄 える能力です。



プッシュアップ、プルアップや腹筋運動をしていて気がついているかもしれません。もう1レップができない状態になりますが酸欠ではありません。筋肉が動き続けるのに十分なエネルギーを持っていないと言うことです。

3. 柔軟性: ある特定の関節でどれくらい可動域がありますか?



開脚ができなくても大丈夫ですが、クロスフィットや日常生活にとって、ほとんどの人が足首、腰や肩にもっと可動域が必要なのではないでしょうか。

4. 筋力: 一度にどれくらいの重さを持ち上げることができますか? フルプッシュアップやプルアップができますか?



できるのであれば、ディップ、ハンドスタンドプッシュアップやマッスルアップはどうですか? それぞれの運動は、完遂するために筋肉により大きな負担をかけるので、より大きな筋力を必要とします。

次の4つの身体能力は、脳や神経系の影響をより受けるため「ソフトウェア」スキル と呼ばれています。

5. コーディネーション: 複数の運動を一連の運動として行えますか?



一番良い例がウォールボールです(上のビデオをみてください): フロントスクワットとスローを組み合わせなくてはなりません。もしこの2つのパートが上手く連動しなければ、スロー時に脚の力が使えなくなります。

6.俊敏性: 動作間に要する時間を短縮する能力です。



これを説明するのに一番適切な運動が、皆が大好きなバーピーです;-) バーピーをしたことがありますか? 立位からプッシュアップ、そして最後のジャンプまでできるだけ速く動かなくてはなりません。この動作を速くすればするほど、俊敏になり、スタミナや持久力にも効果があります。:-D

7.バランス: 「重心の位置を操作すること」



代表的なクロスフィットのバランス運動として逆立ちを考えるかもしれませんが、ピストルにもバランスは必要です。ウォームアップ時の運動でも、特にパーフェクトストレッチでバランスを練習しています。

8.正確性: おそらくクロスフィットで正確性の一番シンプルな例が、ウォールボールをターゲットに当てることです。



他の運動でも特定の方向への動作を一定の強度でコントロールすることが求められます。例えば、アメリカ式ケトルベルスウィングでケトルベルを頭上で止める、またはスクワットで屈んだ状態になるなどです。ワークアウトの履歴を記録することは、少し意違った意味の重要な正確性の一つです。

最後の2つの身体能力は、「ハードウェア」スキルと「ソフトウェア」スキルの組み合わせです。

9.スピード: できるだけ短い時間で反復運動をすること。



全速力で走るためには、脚力、前進し続けるスタミナ、コーディネーションが必要です。それでエネルギーを無駄にすることなく、転倒せずにいられるのです。

10.パワー: クロスフィットのメインゴールであり、スピードと筋力のコンビネーションです。



重いものをできるだけ速く遠くへ動かせるようになりたい。重いものは身体かもしれないし、バーベルやボール、または赤ちゃんやバックパック、買い物カゴかもしれません。


 

If you want a focus other than your goals


これから数ヶ月間、皆さんがこれらの身体能力を探究するお手伝いができることを楽しみにしています。もし、これらのフィットネスの一側面にもっと集中して取り組みたいのであれば、ラッセルコーチやタツロウコーチに気軽に相談してくださいね。
We’re looking forward to helping you explore these skills over the coming months. Feel free to consult with Russell & Tatsuro if you want to focus more on one of these aspects of fitness!

CrossFit Journal: The Performance-Based Lifestyle Resource

PAGE TOP